2010年09月20日

一休 宗純

何でもありのリアル一休
肉や魚を食い、酒も飲んだ。
また、女性も大好きで、78歳になっても盲目の女性との性愛に耽っていた。
そして、男色もイケる。

ムッシュムラムラ
ある日、一休さんが歩いていると、女性が一人で素っ裸のまま立っていた。
この時点で何かおかしいが、一休さん動じずに女性のアソコに向かい三度礼拝したとか。

妻に逃げられる
まだ幼児であった自分の息子に、頭から酢をかけて脛にかじりついた一休さん。
そして、妻が子供を連れて逃げさった後は、また女遊びに興じる。

一休流
地蔵の供養に呼ばれた時、その地蔵にいきなり小便をかけた。
そして、ふんどしを取り、「これを地蔵の首にくくりつけろ」と言ったとか。
また、元旦にはドクロを持って家々を回った。



posted by 偉人マニア at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック