2012年08月27日

スキャットマン・ジョン

ベスト・オブ・スキャットマン・ジョン


唯一無二の音楽
吃音というコンプレックスを武器に変え、独特の音楽を生み出した。
CDの売り上げは世界で600万枚以上。

音楽との出会い
吃音という障害のため、自分を表現する方法を探し求めた結果、ピアノに出会った。

元薬中
吃音というコンプレックスのため、若い時にはドラッグやアルコールにはまった。

更正
ジョー・ファレルというジャズ・ミュージシャンが薬物により亡くなった事に衝撃を受け、薬物を絶つ事を決意。

妻の支え
CDを出す事が決まっても喜ぶどころか逆に、インタビューが来たらどうしよう、世間に障害の事を知られたらどうしよう、と常に不安がっていた。
それを解消してくれたのは妻のジュディ。
吃音について歌詞にする事も助言してくれた。

遅咲き&短い栄光
CDデビューしたのは52歳の時。
57歳に癌によって亡くなる。

日本でも大人気
日本国内でのアルバム売上は250万枚。
他にもCMなどにも出演したり、加藤茶やウルトラマンによるパロディも作られた。

スキャットマン基金
吃音者を支援するためにスキャットマン基金を設立した。
日本ゴールドディスク大賞の賞金を日本の吃音者団体に寄付するなど慈善活動にも熱心だった。


posted by 偉人マニア at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック