2014年07月12日

やしきたかじん

やしきたかじん・ゴールデン☆ベスト


大阪のカリスマ
 本名は家鋪 隆仁。
 関西を中心に人気のあった歌手。
 代表曲は、「やっぱ好きやねん」「東京」など。
 司会者としても人気で、数多くの番組に出演。主に関西ローカルだったが、どの番組も人気が高く、浪速の視聴率男とも呼ばれていた。

家族
 4人兄弟の次男。
 父親は会社社長で厳しかったらしい。
 高校時代に歌手になりたいと言うと「そんなヤクザ紛いなことをやらすために育てたんじゃない」と激怒されている。
 また、父の財布から金を盗もうとしたのがバレた際には顔の形が変わるまで殴られた。

結婚
 結婚暦は三度。
 一人目は銭湯に行ったまま帰って来なくなり、二人目は離婚届けを郵送で送ってきたとギャグにしていた。
 三回目の結婚は闘病生活中に三十代の一般女性と結婚している。

視力
 幼少の頃にダーツの矢が左眼に刺さり視力が低下。
 そのせいで常に眼鏡をかける様に。

新聞部
 高校時代は新聞部。
 しかし、多くのトラブルを起こし廃部に。
 大学時には新聞記者を志すが、NHKに対する考え方で父と対立し勘当されている。

弾き語り
 大学中退後は歌手を目指し祇園のクラブなどで、ギターやピアノで弾き語りをしていた。
 しかし、態度の悪い客にはタバスコなどをぶっ掛けたりしたため、次々とクビになる。

コンサート
 たかじんのコンサートは歌とトークを重視したシンプルなスタイルだった。
 チケットは常に入手困難。
 トークを目当てに来る客も多く、歌は数曲でほとんどがトークだった事もある。

お笑い
 歌手でありながら1986年に日本放送演芸大賞「ホープ賞」、1993年に上方お笑い大賞「審査員特別賞」を受賞している。

飲み
 新地が大好きで毎晩飲み歩いていた。
 「今日は、このビルを制覇だ」と言いながら雑居ビルの端から順番にスナックに入ってはビール1本飲んですぐお勘定で次の店に。最後の方は酔っ払って、「お勘定!」と言いながら店のドアを開けたとか。
 ぼったくりバーにも承知で入り、ビール一本飲んだ後に会計で、「おまえらぼったくりなら、もっとぼったくらんかい!」と一喝した事もある。」
 新地で一晩で使った最高額は600万らしい。
 ヤクザにも飲みにつき合わせて、その厄介さから「たかじんには付き合うな」と逃げられる様にもなっている。

テレビマニア
 10台もの録画機を使用して、ありとあらゆる番組を録画していた。
 番組の企画での視聴率予想や番組批判にも定評があった。 

通販マニア
 通販が大好きだった。
 旭ポンズなど、たかじんが番組で紹介した事をきっかけにヒットした商品も数多い。

東京
 東京が大嫌いだった。
 テレビでの制約が多いという事が大きな理由であり、関西で人気の高かった番組も東京では放送される事はあまり無かった。

NHK
 NHKが大嫌い。
 オーディションで横柄な取られた事が原因とも言われている。
 NHKの番組には絶対に出ず、受信料も払っていなかったらしい。

中国
 中国が大嫌いだった。
 子供の頃も中華料理が嫌いだった。
 しかし、生まれて初めてのバイト先が中華料理店で餃子を食べ、その味に感動したらしい。
 また、娘も中国で暮らしており、中国語がペラペラ。

ガンダム
 ガンダムの主題歌を歌っておりヒットもしているが、歌詞が気に入っていなかったり、ジャケットにアムロのイラストが使われていたりと、本人は生涯最大の汚点と思っていた。

競馬
 ギャンブルは競馬だけ。
 初めてでいきなり100万円負けている。
 馬主にもなっているが、一頭目は閉所恐怖症でゲートに入る事が苦手なため一回も走らず。
 二頭目は負けず嫌いで良い馬だったが、横についた馬を噛んでしまう。
 三頭目は虚弱体質と散々な結果に。

役者
 主題歌がきっかけで木枯らし紋次郎に出演した事がある。
 しかし、出来が散々だったため死にたくなる。

味の素事件
 テレビ朝日の深夜番組であるM10の料理コーナーで、隠し味で必要だった味の素が見つからずブチ切れ。
 「こんな番組辞めたらぁ!」と叫びながら、収録をほったらかしで帰った。
 何度も打ち合わせをしたのにもかかわらず準備が出来ていなかった事と、スタッフの生意気な態度が元々気に食わなかったらしい。
 後日、味の素からは1000本もの味の素が送られてきた。

ストリートライブ
 新地でストリートミュージシャンに対し、「下手じゃ!」と言って殴り、ギターを取り上げてそのままストリートライブを始めた事がある。
 チップは20万程集まったが、それを全部ストリートミュージシャンにあげたらしい。

読売新聞社員引き回し事件
 新曲のキャンペーンで読売新聞大阪本社を訪れた際、取材記者の横柄な態度に腹を立て、記者の髪をつかんで引きずりまわした。

ハンバーガー
 学生時代にホリデーバーガーというハンバーガーショップでバイトをしていた。
 そこでオーナーであった佐々木さんという方に大変お世話になったため、自分にとってのハンバーガーは佐々木さんのハンバーガーだけで、それ以外のハンバーガーは絶対に食べないと決める。


 2012年に食道癌が発覚し芸能活動を休止。
 しかし療養中も無茶な食生活をしたり、自分で点滴のパイプを抜いたりもしている。
 その後、仕事復帰するものの2013年5月に再度休養。
 2014年1月に死去。

釣瓶
 釣瓶とは昔から仲が良かった。
 貧乏時代に二人で不二家の裏に捨てられている賞味期限切れのシュークリームを拾おうとするが、ホームレスに「素人は腹を壊す」と断られた事がある。

秋元康
 秋元康から作詞家になりたいと相談された事がある。
 書き溜めていた詩を見たたかじんは「なんやこれ」と一刀両断するが、その後、秋元康はヒット曲を連発。
 たかじんも何曲か詩を提供してもらっている。

明石家さんま
 さんまが新人時代にバーでイベントをするが当日は大荒れの天気で誰も来ないと困っていた時、たかじんだけが女性とともに来てくれた。
 たかじんはさんまの事をよく知らず、さんまもたかじんを知らなかったが、さんまはたかじんに対してずっと恩を持ち続けている。

ざこば
 たかじん司会の番組で段取りが悪かったのかざこばが終始不機嫌。
 途中でたかじんとざこばが壮絶な言い合いを始め、CM終わったらざこばがいなかった事がある。
 他にもたかじんの態度や言い方に腹がたっていた事があるらしい。
 それから仲が悪い状態は続いたが、数年後「たかじんのBAR」に出演して言いたいことを言い尽くした後は仲直りしている。

出川哲郎
 「たかじんnoどォ!」で、出川の失言に切れて退場させたことがある。
 出川がスタジオに戻ってくると、「おのれ、まだおったんか!」と叱るが、出川が「お前にダメ出しがある!」とギャグで言ったとたんワイングラスを投げつけた。

堀内孝雄
 桃山学院高校時代の同級生。
 アリスをアダルト書籍のアリス出版と勘違いし、「ええ年して、もっと真面目な仕事せんかい」と説教したことがある。

トミーズ雅
 番組でも度々競演し、仲が良かったが、ある時期をさかいに疎遠になる。
 理由は様々言われているが、真相は闇。

立川談志
 たかじんnoばぁ〜で言い争いになり、灰皿を投げつけ「気にいらんかったら帰れ」と追い出した。

大竹まこと
 大竹まことの女性関係を番組で暴露しまくったため、嫌気をさした大竹は番組を降板。
 たかじんも「大竹、文句あんならかかってこんかい!」と挑発し、二人の競演はその後無くなる。

間寛平
 間寛平の女性関係を番組で暴露。
 激怒した寛平はたかじんに殴りこもうとするが、さんまに止められ諦める。

藤山直美
 かなり仲がよく、週刊誌に友人を越えた関係と書かれた事もある。




posted by 偉人マニア at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック