2015年06月20日

GGアリン


gg.jpg

アメリカのパンクロッカー。
過激なパフォーマンスで有名になり、ロック史上最も見事な変質者と評される。

お告げ
 生まれる時、父親の下に天使が訪れて、新しく生まれる息子は救世主のような偉大な人物になることを告げたらしい。
 そのため、ジーザス・クライスト・アリンと名付けられる。
 だが、父親は情緒不安定でちょっとおかしい人だったらしい。
 後に、イジメを心配した母親によってケビン・マイケル・アリンと改名させられる。

不適応
 中学の頃からドラッグや盗みなどの犯罪だけでなく、女装で登校などやりたい放題やってきた。
 そのため、環境不適応として特別教室に。

初期は普通
 バンドを始めた当初はドラムを担当する事もあった。
 スタンダードなパンクロックで、サウンドもポップ。

ステージパフォーマンス
 裸になるのは当たり前、ライブ前に緩下剤を飲み排泄する事も当たり前。
 ビール瓶やガラスで自分の体を切り刻む。
 ライブハウスは毎回、血と糞尿で地獄絵図と化す。
 何度も暴行や公然わいせつで捕まったりしている。

自家製タトゥー
 体のあちこちに自分でタトゥーを入れている。
 もちろん、下手くそ。

自殺予告
 何度も自殺予告をしている。
 しかし、たまたまその日時に刑務所にいたため実行にはうつされていない。

シリアルキラー
 シリアルキラーに興味があり、殺人ピエロの異名を持つジョン・ウェイン・ゲーシーに獄中まで何度も訪ねていた。
 ゲーシーはアリンの肖像を描いている。

OD
 1993年にヘロインのオーバードースによって亡くなる。
 36歳だった。

葬式
 葬式では黒のレザージャケットと、トレードマークだったジョックストラップが着せられた。
 葬儀屋が体を洗う事を兄が拒んだため、悪臭が酷かったが、友人たちは死体とポーズをとったり、ペニスの写真を撮ったりした。
 この葬式の様子はビデオなどに収録されている。


posted by 偉人マニア at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421012745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック