2015年08月15日

道鏡

 奈良時代末期の法相宗の僧。

天皇の愛人
 病気になった女性の孝謙上皇(後の称徳天皇)を祈祷で治し、その功績で太政大臣禅師、最終的には天皇に順ずる地位である法王と異例の出世。
 二人の間には男女の関係があったと言われ、称徳天皇は道鏡を溺愛した。
 なお、称徳天皇は生涯独身を貫き通し、天皇でありながら子を宿すこともなかった。

天皇になろうとする
 上皇を味方につけた道鏡はやりたい放題。
 邪魔者がいなくなった後は、宇佐八幡宮のお告げとして「道鏡を皇位につければ世の中は平和になる」と言わせる。
 しかし、称徳天皇が崩御し、後ろ盾を失うと下野薬師寺に追放され、その二年後、この世を去る。

巨根説
 あそこがとても大きかったという伝説がある。
 江戸時代には川柳で「道鏡は すわるとひざが 三つでき」と詠まれた事も。
 またオサムシの一種で非常に大きな交接器をもっているものは「ドウキョウオサムシ」と命名されていたりする。

山芋
 忙しくて称徳天皇の相手をする暇が無くなってくると、道鏡は「これで我慢してくれ」と山芋を称徳天皇に献上した。
 称徳天皇はそれを道鏡のアソコの代わりにして使用したら、体内で折れて取り出せなくなり、かぶれてしまい、これが原因で崩御したという俗説があったりする。


posted by 偉人マニア at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424229344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック