2016年05月03日

若木 竹丸

 東京都文京区本郷出身のボディビルダー。
 身長162cm、体重69kg。

虚弱体質のお坊っちゃん
 1911年1月20日に警官の父と料理屋経営の母の間に生まれる。
 裕福な家庭で、体も虚弱体質だった。

目覚め
 中学生の時にイジメをきっかけとして肉体を鍛え始める。
 17歳の時に古本屋でユ−ジン・サンド−の「体力養成法」という本と出会い、本格的に体を鍛え始める。
 毎日10時間以上のトレーニングをし、時には失神。
 毎晩サンドーの本を抱えて寝ていたらしい。

いつでもトレーニング
 トイレに行く時には、例え就寝時でも必ずダンベルを上げてから。
 戻ってくる時にも鴨居で懸垂。
 友人と食事中でも、空いた手で常にハンドグリップを握っていた。
 モチベーションが上がらない時は、「おい!今世界中のどこかで、お前と同じような奴がお前と同じようなトレーニングしているかもしれない。それでもいいのか!」と自分自身に喝を入れていた。

怪力
 人差し指二本で指立て伏せできる。
 頭だけでブリッジをし、その上に大人五人が立てた。
 ベンチプレスの自己最高記録は約228kg。
 フロワープレスでは、300キロ以上を押し上げた。

最強の素人
 ボクシングを習おうと日本拳闘倶楽部に体験入門。
 後に「 日本ボクシングの父 」と呼ばれる渡辺裕次郎達とスパーリングをし勝利。
 柔道では無段にもかかわらず、講道館に昇段審査を受けに行く。
 「何人倒せば五段になれるのか」と訪ねたら、初段から始める様にと諭された。
 腕相撲では全日本王者と対戦し、圧勝。
 相手は腕相撲に人生を賭けているのに簡単に倒してしまったため申し訳なく感じ、それ以来、腕相撲の場に姿を見せなくなった。

殺人事件
 地回りのヤクザに制裁を加え殺害してしまった事がある。
 相手がドスを抜いていたため、正当防衛が成立し無罪。

ヘビー・スモーカー
 タバコを一日100本も吸うヘビースモーカーだった。
 コーヒーも大好き。

仕事
 戦後は銭湯の焼け跡で生活をし、神田で古本屋を営んでいた。

死ぬまでトレーニング
 晩年は脳梗塞で倒れ、半身不随の体になったが、腕の力こぶを40cm以下にしたくないと言ってトレーニングを続けた。

怪力法
 自身のトレーニング法を「怪力法」という本にまとめた。
 力道山や大山倍達などにも多大な影響を与えたが、あまり世に出まわる事はなかった。
 現在ではプレミアが付いている。

死去
 2000年、88歳で亡くなる。
 遺体はあまりにも大きかったため、相撲取り用の特別サイズだったらしい。



【関連する記事】
posted by 偉人マニア at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディービルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック