2016年05月03日

ジョン・レノン

lennon.jpg

 ザ・ビートルズのメンバーで、ヴォーカル・ギター・作詞作曲を主に担当した。

複雑な生い立ち
 1940年10月9日、リヴァプールで誕生。
 父親は航海中で、母親は他の男性と同棲していたため、叔母のもとで育てられる。
 父の帰国後は父親に引き取られるが、数週間で母親に連れ戻される。
 父親はその後、蒸発。

ロックへの目覚め
 エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を聴いて感動。
 ギャロトーン・チャンピオンというギターを新聞の通信販売で購入した。
 その後、バンド「クオリーメン」を結成。
 友人からの紹介でポール・マッカートニーで出会い、ポールの紹介でジョージ・ハリスンと出会う。

母、事故死
 18歳の時に、母親のジュリアが非番の警察官が運転する車にはねられて亡くなっている。

ザ・ビートルズ誕生
 1960年にバンド名をザ・ビートルズに変更。
 翌年、ブライアン・エプスタインと出会い、マネージメント契約を結ぶ。
 そして、リンゴ・スターが加入し、1962年10月5日「ザ・ビートルズ」としてレコード・デビューを果たした。

シンシア・パウエル
 1962年にシンシア・パウエルとできちゃった結婚している。
 長男であるジュリアン・レノンが生まれるが、子育ての仕方がよくわからなかった。
 5才の息子に「その糞みたいな笑い方を止めろ」と怒った事もある。
 ジュリアンは父親よりもポールとよく遊んだと語っており、ジョンよりもポールと一緒に遊んでいる写真の方が多かったらしい。

キリスト教発言
 1966年、ロンドン・イヴニング・スタンダード紙のインタヴューで「キリスト教は消えてなくなる。僕らは今やイエスよりも人気がある」と言った趣旨の発言をしている。
 この発言は後に問題となり、ラジオでビートルズの曲が禁止されたり、レコードやグッズが燃やされたりした。
 後に謝罪。

オノヨーコ
 1966年にロンドンのインディカ・ギャラリーでオノ・ヨーコに出会う。
 当時、日本や東洋文化に興味を抱いていた事から、ヨーコのアートに強く惹かれる。
 ヨーコの個展で、YESという事場を虫眼鏡で見るというアートがあり、それをとても気に入ったらしい。
 後に交際を始めると、シンシアと離婚し、ジョンはヨーコにべったり。
 ヨーコと共にプラスチック・オノ・バンドとしての活動や、ベトナム戦争に対する反対と平和を求める活動に参加した。
 あまりにもヨーコの影響が強すぎたため、メンバーとの溝が深まることも。
 ビートルズが解散すると、政治的活動に積極的に参加するようになり、ますますヨーコの影響は強くなる。

ポール・マッカートニーとの関係
 レノンとポールとの仲は時期によってとても仲が良かったり、悪かったりする。
 一番関係が悪かったのが、おそらくビートルズの解散前後。
 しかし、本当に嫌いという訳ではなく、「ポールの悪口を言っていいのは俺だけだ。他の奴が言うのは許さない」と発言したり、「人生のうちで2回、すばらしい選択をした。ポールとヨーコだ。それはとてもよい選択だった。」とも述べている。

日本
 オノ・ヨーコが日本人という事もあり、よく来日していた。
 加山雄三や内田裕也などとも付き合いがある。

性的指向
 性に対しては非常にオープン。
 バイセクシャルだったという噂もある。
 ヨーコの事が好きだったのは事実だが、その傍で他の女性と関係を持ったりもしていた。 

ドラッグ中毒
 ドラッグの常習者でもあり、ヘロインにまで手を出していた。

ラブ&ピース
 平和主義者であるが、グループ内でさえ揉め事が多かったり、障碍者を馬鹿にしたパフォーマンスをした事もあったりと、結構アレな所がある。

殺害
 1980年12月8日、スタジオ作業が終わりリムジンでアパートの前に到着した後、マーク・チャップマンに撃たれる。
 すぐさま病院に搬送されるが死去。
 殺害に関しては陰謀説まである。



posted by 偉人マニア at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

GGアリン


gg.jpg

アメリカのパンクロッカー。
過激なパフォーマンスで有名になり、ロック史上最も見事な変質者と評される。

お告げ
 生まれる時、父親の下に天使が訪れて、新しく生まれる息子は救世主のような偉大な人物になることを告げたらしい。
 そのため、ジーザス・クライスト・アリンと名付けられる。
 だが、父親は情緒不安定でちょっとおかしい人だったらしい。
 後に、イジメを心配した母親によってケビン・マイケル・アリンと改名させられる。

不適応
 中学の頃からドラッグや盗みなどの犯罪だけでなく、女装で登校などやりたい放題やってきた。
 そのため、環境不適応として特別教室に。

初期は普通
 バンドを始めた当初はドラムを担当する事もあった。
 スタンダードなパンクロックで、サウンドもポップ。

ステージパフォーマンス
 裸になるのは当たり前、ライブ前に緩下剤を飲み排泄する事も当たり前。
 ビール瓶やガラスで自分の体を切り刻む。
 ライブハウスは毎回、血と糞尿で地獄絵図と化す。
 何度も暴行や公然わいせつで捕まったりしている。

自家製タトゥー
 体のあちこちに自分でタトゥーを入れている。
 もちろん、下手くそ。

自殺予告
 何度も自殺予告をしている。
 しかし、たまたまその日時に刑務所にいたため実行にはうつされていない。

シリアルキラー
 シリアルキラーに興味があり、殺人ピエロの異名を持つジョン・ウェイン・ゲーシーに獄中まで何度も訪ねていた。
 ゲーシーはアリンの肖像を描いている。

OD
 1993年にヘロインのオーバードースによって亡くなる。
 36歳だった。

葬式
 葬式では黒のレザージャケットと、トレードマークだったジョックストラップが着せられた。
 葬儀屋が体を洗う事を兄が拒んだため、悪臭が酷かったが、友人たちは死体とポーズをとったり、ペニスの写真を撮ったりした。
 この葬式の様子はビデオなどに収録されている。


posted by 偉人マニア at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

フレディ・マーキュリー

Freddie-Mercury-image-freddie-mercury-36781048-500-755[1].jpg
 ロックバンド、クイーンのボーカリスト。

アフリカ生まれ、インド育ち
 1946年11月24日にタンザニアのザンジバル島で生まれる。
 その後、インドに移り、そこで幼少期を過ごす。
 両親はペルシャ系のインド人。
 本名はファルーク・バルサラで、インドの町バルサークに由来する。
 本人はインドで育った事は隠したがっていたらしい。

音楽少年
 7歳でピアノを始める。
 その後、ロックバンドを始め、ピアノとヴォーカルを担当。
 当時から天才少年で、ラジオで聞いた曲を楽譜無しでピアノで再現する事ができたらしい。
 ギターに関しては大人になってからも人並み程度の技術しか持っていなかった。

下積み時代
 学校を卒業後は古着を売ったり、空港で働いたりしていた。
 いくつかのバンドにも関わったが長続きはせず解散。
 クイーンに参加後も古着屋を経営したりしていた。

歌声
 声域は4オクターブとも言われており、どんなジャンルでも歌いこなせた。

作曲者として
 クイーンの有名曲の多数を作曲。
 一つのジャンルにこだわらず、様々なジャンルの要素を積極的に取り入れた。
 ほとんどは実在の恋人に対してのメッセージだったらしく、そういう風に思って聞くと、全く違うイメージに感じる曲も多かったり。
 PVなどは過激過ぎて、他のメンバーがひいてしまっている場合もしばしば。

ライブパフォーマンス
 ライブパフォーマンスにも定評があり、後のミュージシャンに多大な影響を与えた。
 特にライヴエイドでの72000人を相手にしてのパフォーマンスは伝説にもなっている。
 基本的にタイツや上半身裸など露出度は高め。

性癖
 ゲイのイメージが強いが、結婚もしており、実際はバイセクシャル。
 老若男女交えての乱交パーティーなどもよく行っており、性に関してはオープンかつ旺盛。
 クイーンというバンド名にもその影響は少なからず及んでいる。
 巨根であり、タイプはマッチョな男。
 自分好みのタクシー運転手を見つけたらすぐに追いかけたりと、常に積極的。
 愛が無くてもセックスでき、お気に入りの男性には女の子の名前を付けていた。
 カウボーイハットをあそこに引っ掛けて部屋を歩きまわる癖もあったとか…?

愛猫家
 猫が大好き。
 飼い猫であるディライラのために、デライラという曲も作っている。

親日
 日本にもお忍びでよく来日していた。
 骨董品が好きで伊万里焼のコレクター。
 ロンドンの自宅には日本庭園まで設けていた。
 新宿二丁目にも行き着けのバーがあり、日本人の愛人もいたらしい。
 来日時には「つぶつぶオレンジ」をよく飲んでいたとか。

HIV
 40歳前後の時にエイズにかかる。
 長らく公表しなかったが、徐々に痩せ、ツアーにも不参加が続き、マスコミにエイズだと騒がれる。
 そして、マスコミの前でカミングアウトした翌日にエイズによる気管支肺炎で、45歳という若さでこの世を去る。

ジム・ハットン
 1984年からバーでナンパしたジム・ハットンと交際。
 それまでは色んな人を相手にしていたが、ジムと出会ってからは落ち着き、ジムはフレディの最後の恋人とまで言われている。
 ちなみにジムは男。
 ジムはフレディからHIVに感染するが、フレディには知られない様に最後まで隠していた。

マイケル・ジャクソン
 マイケル・ジャクソンとThere Must Be More To Life Than Thisという曲でデュエットする予定だったが、マイケルはレコーディングにチンパンジーのバブルスを連れてきて、何度もバブルスに意見を聞いたりしたため、フレディーは激怒。
 曲が未完成のまま、ロンドンに帰った。
 There Must Be More To Life Than Thisはその後、ブライアン・メイとロジャー・テイラーによって30年後に発表された。

売り上げ
 クイーンの売り上げは全世界で3億枚とも言われている。
 アルバム「グレイテスト・ヒッツ」はイギリスで最も売れたアルバムであり、アルバムチャートの登場回数はビートルズを越える。

パロディー
 その強烈な存在感から、様々な漫画にフレディーをモチーフにしたであろうキャラが登場する。


posted by 偉人マニア at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする