2014年10月25日

ジュディ・ガーランド

 アメリカ合衆国の女優、歌手。
 本名はフランシス・エセル・ガム。

枕営業
 1929年に2人の姉と共にガム・シスターズの一人としてデビュー。
 1935年にMGMと契約するが、当時13歳だったジュディはプロデューサーのアーサー・フリードと性的関係を持っていた。
 社長はジュディよりディアナ・ダービンと契約するつもりだったが、フリードが間違ったふりをしてジュディと契約を結んだらしい。

ダイエット
 MGM契約後は肥満を治すためにダイエットに励む。
 そのため、13歳にして覚せい剤を常用。

オズの魔法使い
 ミュージカル、オズの魔法使いが大ヒット。
 ドロシー役のジュディも大ブレイク。
 しかし、一気に人気が出たため、覚せい剤だけでなく睡眠薬も常用するように。

薬物中毒
 1940年代になると、精神が不安定になり、自殺未遂をおこしたり、病院への長期入院を余儀なくされる。
 しかし、薬物中毒はいっこうに改善されず、FBIにまで監視されていたらしい。
 そして、1969年に47歳で睡眠薬の過剰摂取により死去。

結婚
 生涯に五回も結婚している。
 中絶の経験もあり。

性生活
 性に対して奔放で、MGM時代はプロデューサー全員と性的な関係であったらしい。
 また、あまりに変態的なセックスを求めるあまり、最初の夫であるデヴィット・ローズとの離婚の原因にもなったと言われている。
 同性愛にも寛容で、ジュディ自身もバイセクシャルであり、二度目の夫であるヴィンセント・ミネリもバイセクシャル。父親であるフランク・ガムも同性愛者だったとか。
 最終的にはゲイのアイコン的存在となってしまい、ゲイの暴動であるストーンウォールの反乱の原因は、彼女の死によるショックが影響したとも言われているとかいないとか…。


 二人目の夫、ヴィンセント・ミネリとの間に生まれたライザ・ミネリと、三人目の夫であるシドニー・ラフトとの間に生まれたローナ・ラフトはともに女優として活躍している。



posted by 偉人マニア at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

マリリン・モンロー

マリリン・モンロー ポスター/Seven Year Itch/APO-3122

20世紀のセックスシンボル
 アメリカの女優。
 絶大な人気を誇り、セックスシンボルと称される。
 マリリン・モンローは芸名で、本名はノーマ・ジーン・モーテンスン。

誰の子?
 父はエドワード・モーテンセンという事になっているが、本当の父親であるかどうかは疑わしいらしい。
 母と同じアパートに住んでいたスタンリー・ギフォードという男性が父親でないかという説もあったりする。

都市伝説
「生まれつき左足が6本指で、手術で治した」という噂があるが、これは誤りであるらしい。

10歳で初体験、15歳で妊娠
 10歳の時に暴力によって姓体験をさせられたらしく、15歳で妊娠・出産を経験したらしい。
 その時の子供は行方不明。

無理やり結婚
 16歳の時、里親によって、近所の若者ジム・ドガティーと結婚させられる。
 18歳の時、夫が海軍に入隊して不在になったので離婚。

アメリカン・ドリーム
 19歳の時、工場で働いているところを写真に撮られる。
 この写真が雑誌に掲載され、芸能界へ。

チャップリンの息子
 無名時代はチャーリー・チャップリンの息子と同棲していたらしい。
 好きな俳優にチャーリー・チャップリンを挙げた事も。

サバ読み
 デビュー当初は二歳サバを読んでいた。

ジョー・ディマジオ
 メジャーリーガーであるジョー・ディマジオと二回目の結婚をするが、マリリン・モンロー自体は野球に関心は無かったらしい。
 ディマジオのしつこいプロポーズに根負けしたとか…。
 新婚旅行は日本。
 しかし、結婚生活はわずか九ヶ月で終わる。
 原因はディマジオによるDVとも?
 ただ、セックスの相性は良かったらしい。
 ディマジオは離婚後もモンローを支え続け、葬儀も取り仕切っている。

モンロー・ウォーク
 お尻を大きく左右に振る歩き方を「モンロー・ウォーク」と呼ばれた。
 左右のヒールの長さを変えて歩いていたらしい。

オーガズム
 30歳を過ぎてようやくセックスでイク事が出来たらしい。

シャネルの5番
 記者に何を着て寝るのか尋ねられると、シャネルの5番と答えた。

アーサー・ミラー
 劇作家であるアーサー・ミラーと三度目の結婚。
 流産を経験したりと不安定な状態が続き、この結婚も五年で終わる。

ケネディ兄弟
 大統領でもあるジョン・F・ケネディや、その弟ロバート・ケネディーと不倫関係にあったとか。
 ケネディの45歳の誕生日パーティに出席したが、関係をよく思っていなかったジャクリーン夫人は欠席。

子供の産めない体
 何度も中絶や流産をしており、若くして子供を産めない体になっていた。
 その精神的ストレスから、薬を常用する様になったと言われている。

自殺?他殺?
 1962年、自宅の寝室で全裸で死んでいるのを発見された。
 36歳だった。
 司法解剖した監察医は野口常富という日本人。
 メディアでは自殺と報道されたが、睡眠薬の飲み過ぎだったとか。
 また、ケネディとの関係から暗殺説も根強く残っている。

キャンドル・イン・ザ・ウインド
 エルトン・ジョンのキャンドル・イン・ザ・ウインドは元々はグッドバイ・ノーマジーンというタイトルで亡くなったマリリン・モンローに捧げられた曲だったらしい。

フリー素材
 死後50年が経過したため、マリリン・モンローの肖像権やパブリシティー権は切れているらしい。
 そのため色んな素材として利用可能だとか。
 (他の人が描いたイラストや撮影した写真などは他の権利も発生すると思われますので、販売などをお考えの人は事前に詳しく調べてください)

posted by 偉人マニア at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする