2014年01月04日

ジム・フィックス

fixx.jpg
 ジョギングの提唱者として知られ、ジョギングの神様、ジョギングの教祖と呼ばれた人物。

元デブ
 ジョギングを始める前は100キロもあった。
 それから毎日15キロのランニングを始めて30キロのダイエットに成功。

ブームの立役者
 ランニングによる健康法を記した「奇跡のランニング」という本を出版し、ベストセラーに。
 80年代に世界的なジョギングブームを巻き起こす。

ブームの終焉
 52歳の時、ジョギング中に心筋梗塞を起こして突然死。
 ジョギングの神様がジョギング中に死亡したということで、ジョギングブームは一気に衰退する。

posted by 偉人マニア at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

アベベ・ビキラ

アベベ・ビキラ 「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯

裸足の王者
 エチオピアのマラソン選手。
 史上初の2大会連続優勝を果たした。

元軍人
 ジョル村の貧しい農家で生まれる。
 小学校は一年通っただけで、その後は家事手伝い。
 10年皇帝の親衛隊に務めれば土地がもらえるとの話を信じ、19歳の時に入隊。
 軍人として活動する。

マラソン選手へ
 朝鮮戦争が休戦となると帰国し、軍事訓練の一環としてマラソンと出会う。
 綺麗なフォームと理解力の高さからニスカネンに見出され、本格的にトレーニングを開始する。

エチオピアの英雄に
 ローマオリンピックでは靴が壊れたため裸足で参加。
 まったく期待されていなかったが、2時間15分16秒2という当時の世界記録で優勝。
 エチオピアはイタリアに占領されていた事があったため、ローマオリンピックでのアベベの活躍に熱狂。
 一躍国民的スターに。

スペシャルドリンク
 一年中暑いアフリカではスイカが水分補給として食べられる事も多く、アベベはマラソンのドリンクにスイカジュースを使用していたらしい。
 
オニツカタイガー
 1961年には大阪の毎日マラソンに出場するため来日。
 当初は裸足で走る予定だったが、鬼塚喜八郎から「日本はガラス片などが落ちていて危険だ。裸足で走れるような靴を用意するから」と言われ、オニツカのマラソンシューズを履いて走り、優勝。
 鬼塚はその後もシューズを贈り続けたが、東京オリンピックの時にはプーマのシューズに浮気される。

東京オリンピック
 東京オリンピック開催時には軍曹にまで昇進。
 直前に盲腸になったりと、トレーニング不足だったが、2時間12分11秒2の世界最高記録で優勝。
 ゴール後には「あと10キロは走れた」と語っている。

メキシコオリンピック
 メキシコオリンピックでは3連覇に挑んだが、38歳という高齢に加え、練習中の怪我の影響もあり、途中で踵を痛めて棄権している。
 しかし、大会後は大尉に昇進。

自動車事故
 メキシコオリンピックの半年後、自動車事故を起こし下半身不随となる。
 アベベの証言によれば「対向車の照明に目がくらんだ」らしく、そこから陰謀説も存在する。
 また、国民に動揺を与えないようにと事故から数日後になって初めて公表された。

パラリンピック
 車椅子生活となってもパラリンピックなどに参加している。
 犬ぞりレースで優勝したこともある。

脳出血
 41歳の逆さで脳出血により死去。
 自動車事故の後遺症が脳出血の原因とも言われている。

ベアフット・ランニング
 当時は裸足で走るという事自体が衝撃的だったが、最近はベアフット(裸足)で走るベアフット・ランニングが注目を浴びているらしい。
 踵では無く、足の前部で柔らかく着地しようとするので、膝に負担がかかりにくいとか…?

posted by 偉人マニア at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

円谷幸吉

オリンピックに奪われた命―円谷幸吉、三十年目の新証言 (小学館文庫)

悲劇のランナー
 東京オリンピックなどで活躍した長距離選手。
 終戦から高度経済成長を遂げた時代に国民の期待を一身に受けるが、重圧に押しつぶされてしまった悲劇のランナー。

円谷式フォーム
 子供の頃に結核性関節炎を患い、右足首が外側に開いたままとなった。
 そのため、走っている時は独特のフォームとなる。

振り向かない
 「男が走っている最中に後ろを伺うのはみっともない」と父親に言われたため、走っている最中は後ろを振り向かなかった。

替え玉
 高校生の時に福島県縦断駅伝に替え玉出場。
 大人たちに混じりながら区間最高記録を出し、松崎という名前で賞状を受け取る。 

腰痛
 右足が曲がっているため腰への負担が大きく、椎間板ヘルニアを持病として持っていた。

自衛隊の円谷
 自衛隊時代に腰痛を克服し、5000mや一万メートルで記録を出し、自衛隊の円谷としてトラック競技で有名に。 
 東京五輪では10000mで6位入賞。
 日本男子の陸上トラック競技では戦後初の入賞。

マラソン
 東京オリンピックの年にマラソンに挑戦。
 それから三週間後には2時間18分20.2秒で2位となり、オリンピック代表に。
 7ヶ月でマラソン経験三回ながらオリンピック代表選手となったことは異例。

東京オリンピック
 東京オリンピックではアベベなどを相手に健闘し、銅メダル。
 一躍、国民のヒーローとなり、防衛庁からも第一級功労賞を贈られる。

自殺
 東京オリンピックが終わると次のメキシコオリンピックに向けて国民の期待が高まるが、椎間板ヘルニアが悪化し、成績はどんどん悪化する。
 長年の恋人である栄子との結婚も、オリンピックの方が大事と教官に反対され破談。
 恩人でもあるコーチの畠野は教官に抵抗するが、そのせいで北海道に左遷させられる。
 支えを失った円谷は、自衛隊宿舎で頚動脈をカミソリで切り自殺。
 27歳だった。

遺書
父上様、母上様、三日とろろ美味しゅうございました。
干し柿、モチも美味しゅうございました。
敏雄兄、姉上様、おすし美味しゅうございました。
克実兄、姉上様、ブドウ酒とリンゴ美味しゅうございました。
巌兄、姉上様、しそめし、南ばん漬け美味しゅうございました。
喜久造兄、姉上様、ブドウ液、養命酒美味しゅうございました。
又いつも洗濯ありがとうございました。
幸造兄、姉上様、往復車に便乗させて戴き有難うございました。
モンゴいか美味しゅうございました。
正男兄、姉上様、お気を煩わして大変申しわけありませんでした。
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、立派な人になって下さい。
父上様、母上様、幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません。
何卒お許し下さい。
気が安まることもなく御苦労、御心配をお掛け致し申しわけありません。
幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました。

一人の道
 円谷の遺書を参考にピンク・ピクルスが「一人の道」という曲を発表し、追悼している。

自殺の影響
 円谷の自殺は日本スポーツ史においても重大な事件であり、以後、アスリートに対してのメンタルケアが重要視されるようになる。
 また、技術論よりも精神論を至上とする姿勢も変わりつつある。

メモリアルマラソン
 出身の横須賀では毎年「円谷幸吉メモリアルマラソン」が開催されている。


posted by 偉人マニア at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする