2017年02月26日

左慈

 中国後漢時代末期の方士。字は元放。烏角先生とも呼ばれる。

仙人
 三国志時代の人で、峨眉山で30年もの修行をし、石壁の中から遁甲天書を手に入れ、方術が使えるようになったらしい?
 以下、普通に考えればありえない逸話ばかりだが、少なくとも左慈という人物が存在した事は確からしい。

風貌
 片目が潰れており、片足も不自由。
 青い衣類を身につけ、老人の風貌で300歳を自称していたらしい。

左慈の伝
 後漢書によると、曹操が魚を食べたいと言うと、水をはったお盆の中から魚を釣り上げ、蜀の生姜が食べたいというとふらりと出かけ、すぐに持って帰ってきた。
 それにより曹操に気に入られるが、勝手に曹操の部下に酒と干し肉を配り、曹操が出所を怪しみ調べると町中の酒と干し肉が消えていたため、怒りをかってしまう。
 そして、曹操から逮捕を命じられると壁の中に消え、その後、市場でその姿を見かけられたので行ってみると、市場の人が皆左慈と同じ姿、形であったらしい。

三国志演義
 三国志演義によると、曹操にみかんを運んでいた人が道中で重いと愚痴をこぼすと、方術を使って荷物を軽くしたらしい。
 曹操がそのみかんの皮を剥くと中身は空だったが、左慈が剥くと果汁が滴る程の果肉が溢れていたとか。
 その事で曹操に興味を持たれ、酒や食べ物を与えられるが、羊1頭をぺろりと平らげ、酒を五斗飲んでも全く酔わず、逆に曹操に対して、引退し劉備に天下を譲る事を勧めたため投獄される。
 しかし、拷問しても全く苦しまず、飯を与えなくても元気なまま。何度、鎖をかけてもすぐに外してしまう。
 最後は鶴に化けて投獄。
 曹操は手配書で左慈を探させるが、同じ顔の左慈が何百人も見つかり、その全員の首をはねる。
 すると切られた首が煙になり天に昇り、残された死体が曹操に襲い掛かり、これにより曹操は病に伏した事になっている。



posted by 偉人マニア at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 奇術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

ハリー・フーディーニ

houdini.jpg

本名エリック・ヴァイス (Erik Weisz) 。
ハンガリー出身のユダヤ人で、アメリカで名を馳せた奇術師。

脱出王
 1891年にアメリカで出版された「霊媒術の暴露」という本に書かれていた「縄抜け」のテクニックに興味を持ったことでマジシャンへの道を志す。
 その後、警察の留置場や、凍った運河、ミルク缶の中からの脱出や手錠外しで話題に。
 マスコミを利用した宣伝も上手かった。

映画スター
 奇術師として有名になると映画にも出演する様に。
 映画の中でも得意の脱出を披露し、大ヒット。
 チャップリンなどとも親交を深めた。

サイキックハンター
 最愛の母の死をきっかけに心霊術にも興味を持つ。
 本物の霊能力者に会い、母親と交信したかったらしいが、自身の奇術師としての経験からすぐにトリックだと気づいてしまい、結局、本当の霊能力者とは出会えなかった。
 そして、霊能力者という存在に失望し、今度は心霊術の手口を暴露していく立場になる。
 本物の心霊現象を見せた者には大金を支払うという企画でも、数多くの学者の中でフーディーニーだけがトリックを解き明かし、超能力など無いことを証明する。
 そんなこんなで、初めは奇術師だったフーディーニもいつの間にかサイキック・ハンターと呼ばれるように。

コナン・ドイル
 ホームズの作者として有名なコナン・ドイルは心霊術に興味があり、一時期親交を深めていたが、フーディーニーはドイルを「非常に騙されやすい人物」と評している。

準備不足
 1926年、楽屋に訪れたホワイトヘッドという大学生に「腹部を強く殴られても平気」という芸を見せる際、フーディーニが準備していない段階で殴られたことが原因の急性虫垂炎で死亡する。
 この大学生はフーディーニの熱狂的ファンで、彼を不死身の男だと信じていたらしい。

死後の世界は存在しない
 死の直前、妻に対して「死後の世界があるのなら、必ず連絡をする」と伝えたが、その後何のコンタクトも無かったらしい。

単語になる
 米語辞典では「Houdini」という単語が「脱出する」と言う意味で紹介されていたりするらしい。

TRICK
 映画化もされた人気ドラマ「TRICK」は、フーディーニのサイキックハンターとしての人生に影響を受けて作成されている。


posted by 偉人マニア at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 奇術師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする