2015年06月21日

エドウィン・バレロ

edwin.jpg

ベネズエラのプロボクサー。
世界2階級制覇(WBC世界ライト級王者、WBA世界スーパーフェザー級王者)

薬中ボクサー
 12歳からボクシングを始めているが、同時期にコカインなどのドラッグにも手を出し始める。
 そして、学校も中退。
 しかし、ボクシングは強くアマチュア時代は86勝(57KO)6敗。

バイク事故
 19歳の時、バイク事故を起こしている。
 ノーヘルメットだったため頭蓋骨骨折。
 その後、二十歳でボクシングプロデビューするも、バイク事故の後遺症が発見されアメリカでのライセンスを停止させられた。

日本へ
 アメリカで試合が出来なくなると、帝拳の本田明彦会長の目にとまり、来日。
 以来、2009年にテキサスでのライセンスを取得するまで日本を主戦場とする。

3分で100万円
 あまりの強さに対戦相手を探すのが困難になり、阪東ヒーローとの対戦では「1ラウンド持ちこたえられたら賞金100万円」という賞金マッチになった。
 そして、1ラウンドでKO。

パーフェクトレコード
 プロボクシングの戦歴としては27戦27勝(27KO)無敗。
 しかも、プロデビューからの18戦は全て初回KO勝ち。

DV疑惑
 2010年にバレロの妻が肺の破裂と肋骨の骨折により病院に担ぎ込まれる。
 バレロは暴行容疑で逮捕されるが、妻は階段から落ちたとバレロの暴行を否定。
 母親も同じ主張をした事で逮捕は免れた。
 この他にも左足を拳銃で撃たれたり、妻は日常的に暴力を受けていたらしい。

中毒
 2010年に薬物中毒とアルコール中毒を治療するため、精神病院で半年間のリハビリ生活をする。

殺人と自殺
 2010年4月18日、滞在中のホテルにて、ホテルの警備員に妻を殺したと告げる。
 駆け付けた警官によりバレロは逮捕されるが、翌日、警察署内の独房で自殺。
 28歳だった。



posted by 偉人マニア at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プロボクサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする