2014年07月20日

大塩 平八郎

oosio.gif
江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。
幕府への不満から乱を起こした。

大塩平八郎の乱
 大坂町奉行の与力であったが、幕府への不満から行動を起こす。
 しかし計画性が無さ過ぎたためか、決起直前になって内通者が複数出たりして、ターゲットは一人も始末する事が出来ないまま、乱は半日で鎮圧された。
 町には火災が広がり、数万人の町人は家を失ったまま冬を過ごす事を余儀なくされ、逆に迷惑をこうむる。
 この火災は俗に大塩焼けと呼ばれている。

爆破自殺
 乱の後は息子とともに潜伏するが、見つかったため火薬で自爆。
 遺骸は塩漬けされ、1年半後に磔されて串刺しされた。

巨体
 身長は217センチもあったらしい。

真面目
 夕方には就寝、午前二時に起床していた。
 悪には非常に厳しく、その真面目過ぎる性格が乱を起こす原因ともなっている。


posted by 偉人マニア at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 革命家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

天草四郎時貞

島原の乱
江戸時代初期のキリシタンで、農民達を率いて島原の乱を起こした。
この時、天草四郎はまだ十五、六歳の少年だったらしい。

本当は農民一揆
島原の乱は元は農民の一揆だったのを、後に幕府によってキリシタンの反乱にすりかえられたとされている。

ジェロニモ?
天草四郎はニックネームで本名は益田四郎。
洗礼名はジェロニモ。

作られたカリスマ
聡明で、慈悲深く、容姿端麗と言われた天草四郎だが、海面を歩いただとか、手を触れただけで病気が治っただとか、周りの者たちによって勝手に伝説が作られ、それが独り歩きしていった部分も多い。

死後
美輪明宏は天草四郎の生まれ変わりであると自称している。

posted by 偉人マニア at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 革命家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

ジャンヌ・ダルク

オルレアンの乙女
フランスの国民的英雄で、カトリック教会における聖人。
百年戦争の際にオルレアン解放に貢献し、シャルル7世をランスで戴冠させ、フランスの勝利に寄与した。

御告げが聞こえる
13歳の時から神の御告げが聞こえたとか。
17歳の時に、神の指示通り、フランスを救うために立ち上がった。
そして最前線でイギリス軍と戦い、フランスに平和をもたらした。

転落
コンピエーニュの戦いで撤退を余儀なくされたジャンヌ・ダルク。
最後尾で部隊を守っていたが、城門を閉ざされ、自分だけ取り残されてしまった。
そして、捕虜となり、1万リーブルの身代金でイギリス軍に引き渡される。
捕らえられたジャンヌはそのまま宗教裁判へ。
裁判の結果、一度は死刑を免れるものの、その時に約束した「二度と男物の服を着ない」という約束を破ってしまったため、火刑が決定する。

処女
魔女は悪魔と交わる事で処女を失うと考えられていたことから、処女検査をされたが処女である事が確認された。
しかし、看守達が性的暴行を行ったため、服が破け、仕方がなく男物の服装に袖を通した事から火刑台送りに。

火刑
当時、火刑は最も残酷な処刑方法だった。
さすがのジャンヌも「神さま…、神さま」と泣き叫んだとか。
しかし、奇跡など起きず窒息死。
死亡した後も、ただの人間という事を確認させるために裸を晒された。
まだ十九歳だった。

脳疾患患者?
神の御告げが聞けたと言われているが、これは癲癇による幻覚症状だったという説がある。

偽ジャンヌ・ダルク
処刑されてから数年後、偽ジャンヌ・ダルクが現れた。

Jeanne d'Arc
ジャンヌダルクという日本のロックバンドがあるが、これはジャンヌ・ダルクから取ったのではなく、デビルマンのキャラクターから付けられた名前らしい。


posted by 偉人マニア at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 革命家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする