2013年04月25日

松田 優作

Heart Boiled/ 探偵物語写真集


最も危険な俳優
 昭和を代表するアクションスター。
 代表作は「最も危険な遊戯」、「太陽にほえろ!」、「野獣死すべし」、「探偵物語」、「蘇る金狼」、「ブラックレイン」など。

在日韓国人
 日本人の父と在日韓国人3世の母との間に非嫡出子として生まれた。
 帰化するまでは、韓国籍である事をずっと悩んでいたらしい。
 後に一重瞼も二重に整形した。

喧嘩
 幼い頃から喧嘩が強かったらしい。
 高校時代は空手も本格的に学んでいた。

恵まれた体格
 身長は約185センチ。
 スポーツも万能であったため、スタントマンを基本的には使用しなかった。

母親には逆らえない
 弁護士になれと母親に言われたので、高校を中退し、アメリカに留学。
 しかし、母に無断で中退し帰国する。

逮捕
 「俺たちの勲章」の打ち上げで、予備校生に対して暴力を振るい逮捕された事がある。
 これが原因で一年間の謹慎生活。

麻雀
 麻雀が強く、「太陽にほえろ!」に出演するきっかけも、麻雀で勝った事から役を貰えたらしい。

黒澤を見返す!
 黒澤明の自宅を訪問し、3日間座り込んで弟子入りを迫った事があるらしい。
 結局、会うことすらできなかったため、有名になって見返してやると誓った。

不倫と離婚
 作家の松田美智子と結婚したが、熊谷美由紀との不倫が原因で離婚。

べスパ
 探偵物語で松田優作が扮する工藤俊作が乗っているのがべスパのP150X
 これにより、日本においてべスパの人気が再燃した。

役者魂
 「野獣死すべし」の出演にあたっては、10kg近く体重を落とし、頬がこけるように奥歯を4本も抜いたらしい。

膀胱癌
 「華の乱」の撮影時から尿が出なくなり腹が張っていたらしい。
 「ブラック・レイン」の撮影時点では自身が癌になっている事を知るが、周囲には堅く口止めをしていた。
 延命治療を拒みながら撮影に臨んでいた為、40歳にして膀胱癌で亡くなった。

宗教
 死の一年ほど前から、宗教にのめりこんでいたらしい。

息子達
 長男の龍平、次男の翔太、ともに俳優である。

影響
 鬼武者2というゲームの主人公は松田優作をイメージして作られた。
 ワンピースにおける青髭というキャラに代表される様に、漫画にも彼をイメージして作られたキャラが多数いる。
 太陽にほえろ!で、松田優作が扮するジーパン刑事の台詞「なんじゃこりゃあー!」は多くのテレビ番組などでパロディーされている。


posted by 偉人マニア at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

ブルース・リー

世紀のブルース・リー


ドラゴン
香港出身の俳優でもあり、截拳道(ジークンドー)を創始した武道家でもある。
怪鳥音という独特の叫び声や、極限まで鍛え上げられた肉体が特徴。
代表作は『ドラゴン危機一発』、『ドラゴン怒りの鉄拳』、『燃えよドラゴン』など。

デビューは生後まもなく
父親が喜劇役者でもあったため、デビューは生まれてすぐ。
「金門女」という作品だった。
その後も子役として、ちょこちょこと映画に出演。

病弱
子供の頃は病弱で痩せていたらしい。
本が大好きで、6歳くらいから眼鏡をかけていた。

悪童
中学生頃から学校をさぼりがちになり、喧嘩ばかりの毎日に。
あだ名はキングゴリラだったとか…。
そして、喧嘩に強くなりたいがために、武道を始める。
喧嘩以外にも、カンニングや宿題を他の人にやらせたりもしていた。

反面教師
悪ガキではあったが酒や煙草はしなかったらしい。
父親がアヘンの常習者だったらしく、そういうものに抵抗があったのかもしれない。

ボクシング
高校時代に先生の勧めでボクシングをやっていた事もある。
そして当時3年連続高校チャンピオンだったゲーリー・エルム破り、あっという間に香港学生チャンピオンになっている。

モテた
俳優になる前から女性にはよくモテた。
兄によると、鏡の前で何十分もポマードを塗っていたらしく、毎日違う女性とデートしていたとか。

ダンス名人
チャチャというダンスが上手く、コンテストでの優勝経験がある。
アメリカでもダンスの先生でお金を稼いでいた事がある。

蹴り
テレビで板割りのデモンストレーションを行った際、普通は両手で板を固定させるところを片手だけで固定させた。
そして、その状態で五枚中四枚の板を蹴りで割った。

腕立て
片手で腕立てはもちろん、片手の親指と人差し指だけでも腕立て伏せができた。

座頭市のファン
座頭市が好きらしく、サイレント・フルートでは盲目の武道家を演じる予定だった。
また、ロングストリートというテレビドラマに出演した時は主人公の盲目という設定を提案している。

武蔵
宮本武蔵も好きで五輪書にはかなり影響されたらしい。
巌流島の決戦の真似をして、「燃えよドラゴン」では最終決戦に船で向かう事にしていたりも。

本当に強い
エキストラの中には喧嘩自慢も多く、彼らから挑発される事もあったらしい。
そして、そんな奴らはことごとく撃破。
全米プロ空手のヘビー級初代王者であるジョー・ルイスはブルース・リーを最強の武術家に挙げているし、史上初の五階級制覇を成し遂げたボクサーであるシュガー・レイ・レナードもブルース・リーに影響を受けたと語っている。

怒りの鉄拳
「ドラゴン怒りの鉄拳」は440万香港ドルもの大ヒットを記録した。
そのため、シンガポールでは観客が殺到しすぎて一週間ほど上映が中止になり、フィリピンでは国産映画保護のためにと上映を途中で打ち切られた。

謎の死
偏頭痛持ちだったらしく、「エクァジェシック」という頭痛薬を飲んだところ、副作用で急性脳浮腫になり死亡したとされている。
しかし、司法解剖によって微量の大麻が検出されたり、女優ベティ・ティンペイの自宅で亡くなったため、麻薬中毒説や暗殺説など様々な噂もあったりする。





posted by 偉人マニア at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

勝新太郎

新座頭市物語 折れた杖 [DVD]


昭和の大スター
代表作は悪名、座頭市などなど…。
演技だけでなく型破りな性格でも人気があった。

俳優を目指すきっかけ
アメリカ巡業中に、撮影所で紹介されたジェームス・ディーンに感化されて映画俳優になることを決意したらしい。

中村玉緒
妻は中村玉緒。
勝が熱烈に求愛したため、玉緒もその気になったらしい。
一度、玉緒に対し一方的に離婚宣言をした事もあるが、玉緒に相手にされなかったため離婚は成立しなかった。
晩年には「中村玉緒は勝新太郎無しでも存在し得るが、勝新太郎は中村玉緒無しでは存在し得ない」と語っている。

豪遊
「俺から遊びを取ったら何も残らない」と豪語し、毎日の様に豪遊。
取り巻きが何人いようが飲み代は全部払っていたとか。
飲み代で年間一億を超えた事もあったらしい。

破天荒
俳優の黒沢年男を驚かせるために買ったばかりの高級車をボコボコにした事がある。

役者バカ
小堺一機と食事中、いきなり「いつからこんなもん出すようになったんだ?!」と料理人にぶち切れ。
料理に問題は無かったのだが、そうする事で小堺に「本当に慌てた人間の顔」を教えた。
女性関係で玉緒に怒られた時も、「それが怒った顔だ。覚えておけ」と言った事がある。

耳が動く
座頭市の役作りのため、数ヶ月かけて耳が動くように特訓をした。

真剣
座頭市の撮影中、長男であり俳優の鴈龍太郎が死体役の役者を刺して死亡させてしまう。
模擬刀等ではなく真剣で撮影をしていたらしい。
そして、これが勝の最後の製作映画となった。

パンツに麻薬
1990年、ホノルル空港でパンツの中にマリファナとコカインを入れていたとして現行犯逮捕される。
記者会見では「今後は同様の事件を起こさないよう、もうパンツをはかないようにする」と語った。
裁判では「傍聴者」を「観客」と呼び、客を楽しませる台本まで考えてから出廷したらしい。

禁煙
1996年に下咽頭癌を発病。
手術はせず、抗癌剤と放射線の治療を行なった。
記者会見では「煙草はやめた」と言いながら堂々と喫煙する様を見せた。

きょうらい
石原裕次郎とは兄弟(きょうらい)と呼び合う仲だった。

B'zファン
居酒屋でB'zのボーカル稲葉浩志との出会い「裕次郎以来、最高の男を見た気分だ」と絶賛。
俳優としてデビューさせようと話を持ちかけるも、稲葉がB'zのボーカルであったことが分かり諦める。
その後は、時間の許す限り自ら購入したチケットでライブに訪れていた。
病気療養の為に入院した時も、稲葉のソロアルバム『マグマ』をよく聴いていたらしい。

肉親思い
母が亡くなった時は、「俺を産んでくれたところに顔を埋めてキスをしたよ」と発言。
兄の若山富三郎が亡くなった時は、カメラの前で兄の遺骨を食べ涙を流した。
父が亡くなった時は、添い寝し、火葬した後で骨を食べた。

好物
オムライスが好きだったらしい。
しかし、自身のイメージに合わないため、外で食べる時はファンに見つからないように店の奥で隠れるようにして食べていた。

太っ腹
まだブレイク前のミスターマリックのショーに感激し、そのときの全ての所持金の約50万円をチップで渡した事がある。

ファン思い
ファンサービスも旺盛で、ファンから頼まれたサインを断ったことはないらしい。

posted by 偉人マニア at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする