2013年12月24日

アイスキュロス

 mig[4].jpg
 ギリシアの三大悲劇詩人の一人。
 90以上の作品中、現存するのは「ペルシア人」「縛られたプロメテウス」「オレステイア三部作」など7編のみ。

伝説的な死に様
 占師に「頭に何か落ちてくる」と言われたので、周りに何もない野原の真ん中に避難するが、鷲に亀を落とされ死亡する。
 その鷲は亀を岩へ落として食べる習性があり、アイスキュロスの頭が禿げていたため岩と間違えられたらしい。


posted by 偉人マニア at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

中原中也

ポエマー
山口県生まれの詩人。
今なお人気があり、宇多田ヒカルもファンの一人。
現代詩を対象とした中原中也賞というものもある。

中二病
神童といわれるほど成績優秀な少年だったが、中学生のある日から突然サングラスをかけて学校に通う様になった。
それからは成績も落ち、落第。
奇抜なファッションで上級生からもよく殴られていたらしい。

おませ
十七歳の時から年上の女優、長谷川泰子と同棲していた。
後に泰子は友人である小林秀雄の元へ。

傍若無人
口の利き方がかなり悪かったらしい。
初対面の内海誓一郎に対して、「俺の詩に作曲しろ」と命令。
目の前に詩を並べて「さあ、選べ」と言ったとか。
喧嘩などのいざこざは絶えなかった。

中也の就職活動
まともに働いた事が一度も無かった。
29歳の時、NHKにコネで入社しかけた事があったが、履歴書には「詩生活」と書いただけ。
さらにどこで働きたいか聞かれても、「玄関のガードマン」と答える始末。
面接官に「そういう考え方では就職できない」と言われると、「そんなバカな就職なら必要無い」と答えた。
結局、面接は不合格。

夭折
30歳にして結核で亡くなった。

posted by 偉人マニア at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

宮沢賢治

おぼっちゃん
実家は質屋を営んでおり、かなりの資産家だった。
そのため、宮沢賢治の金銭感覚も少々おかしかったらしい。
チップをはずむ事も多く、何かあればお金をばらまいていた。
また、レコード収集家で、蓄音機も持っており、高価な竹針を使用していた。
賢治の通うお店は売り上げも良かったらしいが、実際のお客さんは賢治ただ一人だったとか。

石が好き
鉱物採集が好きで、石っこ賢さんと呼ばれていた。
生徒から石を見せられ、どこの石か尋ねられても、すぐに産地を答えた。

男塾名物?
散策が好きだった宮沢賢治。
友人と一緒にいるとき、「ひたすら東を目指そう」と言い出し、野を越え山を越え、ひたすら東へと歩いていった事がある。
生徒を何人も引き連れて、ひたすら西へ向かって歩いた事もある。

ベジタリアン
ベジタリアンとしても有名だが、実際には肉を食べたりもしていたらしい。
教師時代に好きだった食べ物は、えび天そば。

性欲は犠牲になったのだ
生涯独身であり童貞だった宮沢賢治。
性欲、頭脳、労働の3つは両立しないと考え、そのうち性欲を犠牲にしたらしい。
性欲が溜まって悶々とした時は、森を歩きまわる事で気持ちを鎮めた。
しかし、浮世絵の春画を集めており、下ネタもそれなりに話した。


posted by 偉人マニア at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする