2010年11月21日

ジャック・マイヨール

潜る人
49歳の時、人類史上で初めて素潜りで深度100mに達し、55歳の時には105mまで潜っている。
研究対象にもされ、フリーダイビング中のマイヨールの脈拍は毎分26回だったとか。(普通は安静時で、男性は60〜70程度)

イルカ人間
10歳の時、佐賀県の唐津で初めてイルカを見たらしい。
その後、マイアミ水族館でイルカの調教を担当し、呼吸法や水中での泳ぎ方を体得した。
ダイビングを引退してからも、イルカと人間の共存を訴えた。

グラン・ブルー
母親の葬儀でマルセイユに行った時にリュック・ベッソンと出会う。
そしてジャック・マイヨールを題材とした「グラン・ブルー」が製作され、一躍、世界中で有名になる。
しかし、実際のジャック・マイヨールは感情の起伏が激しい男だった。

女好き
女好きだったのは結構有名らしく、映画で得たピュアでクリーンなイメージを逆手にとってナンパもよくしていたとか…。
浮気のスキャンダルでメディアと訴訟騒ぎを起こした事もあるらしい。

親日家
日本にも毎年のように訪れており、千葉に別荘まで持っていた。
フリーダイビングにヨガや禅を取り入れたりもしている。

晩年
晩年はうつ病でもあったらしい。
愛人を失ったショックからか、74歳の時、自宅の部屋で首吊り自殺。

オメガ
素潜りで100m超えを達成した時に付けていたのが、オメガのシーマスター。
後にジャック・マイヨールの偉業をたたえ、ジャック・マイヨールモデルも発売されている。
もちろん、防水。

posted by 偉人マニア at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする