2014年12月30日

フレディ・マーキュリー

Freddie-Mercury-image-freddie-mercury-36781048-500-755[1].jpg
 ロックバンド、クイーンのボーカリスト。

アフリカ生まれ、インド育ち
 1946年11月24日にタンザニアのザンジバル島で生まれる。
 その後、インドに移り、そこで幼少期を過ごす。
 両親はペルシャ系のインド人。
 本名はファルーク・バルサラで、インドの町バルサークに由来する。
 本人はインドで育った事は隠したがっていたらしい。

音楽少年
 7歳でピアノを始める。
 その後、ロックバンドを始め、ピアノとヴォーカルを担当。
 当時から天才少年で、ラジオで聞いた曲を楽譜無しでピアノで再現する事ができたらしい。
 ギターに関しては大人になってからも人並み程度の技術しか持っていなかった。

下積み時代
 学校を卒業後は古着を売ったり、空港で働いたりしていた。
 いくつかのバンドにも関わったが長続きはせず解散。
 クイーンに参加後も古着屋を経営したりしていた。

歌声
 声域は4オクターブとも言われており、どんなジャンルでも歌いこなせた。

作曲者として
 クイーンの有名曲の多数を作曲。
 一つのジャンルにこだわらず、様々なジャンルの要素を積極的に取り入れた。
 ほとんどは実在の恋人に対してのメッセージだったらしく、そういう風に思って聞くと、全く違うイメージに感じる曲も多かったり。
 PVなどは過激過ぎて、他のメンバーがひいてしまっている場合もしばしば。

ライブパフォーマンス
 ライブパフォーマンスにも定評があり、後のミュージシャンに多大な影響を与えた。
 特にライヴエイドでの72000人を相手にしてのパフォーマンスは伝説にもなっている。
 基本的にタイツや上半身裸など露出度は高め。

性癖
 ゲイのイメージが強いが、結婚もしており、実際はバイセクシャル。
 老若男女交えての乱交パーティーなどもよく行っており、性に関してはオープンかつ旺盛。
 クイーンというバンド名にもその影響は少なからず及んでいる。
 巨根であり、タイプはマッチョな男。
 自分好みのタクシー運転手を見つけたらすぐに追いかけたりと、常に積極的。
 愛が無くてもセックスでき、お気に入りの男性には女の子の名前を付けていた。
 カウボーイハットをあそこに引っ掛けて部屋を歩きまわる癖もあったとか…?

愛猫家
 猫が大好き。
 飼い猫であるディライラのために、デライラという曲も作っている。

親日
 日本にもお忍びでよく来日していた。
 骨董品が好きで伊万里焼のコレクター。
 ロンドンの自宅には日本庭園まで設けていた。
 新宿二丁目にも行き着けのバーがあり、日本人の愛人もいたらしい。
 来日時には「つぶつぶオレンジ」をよく飲んでいたとか。

HIV
 40歳前後の時にエイズにかかる。
 長らく公表しなかったが、徐々に痩せ、ツアーにも不参加が続き、マスコミにエイズだと騒がれる。
 そして、マスコミの前でカミングアウトした翌日にエイズによる気管支肺炎で、45歳という若さでこの世を去る。

ジム・ハットン
 1984年からバーでナンパしたジム・ハットンと交際。
 それまでは色んな人を相手にしていたが、ジムと出会ってからは落ち着き、ジムはフレディの最後の恋人とまで言われている。
 ちなみにジムは男。
 ジムはフレディからHIVに感染するが、フレディには知られない様に最後まで隠していた。

マイケル・ジャクソン
 マイケル・ジャクソンとThere Must Be More To Life Than Thisという曲でデュエットする予定だったが、マイケルはレコーディングにチンパンジーのバブルスを連れてきて、何度もバブルスに意見を聞いたりしたため、フレディーは激怒。
 曲が未完成のまま、ロンドンに帰った。
 There Must Be More To Life Than Thisはその後、ブライアン・メイとロジャー・テイラーによって30年後に発表された。

売り上げ
 クイーンの売り上げは全世界で3億枚とも言われている。
 アルバム「グレイテスト・ヒッツ」はイギリスで最も売れたアルバムであり、アルバムチャートの登場回数はビートルズを越える。

パロディー
 その強烈な存在感から、様々な漫画にフレディーをモチーフにしたであろうキャラが登場する。


posted by 偉人マニア at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

岩崎 弥太郎

37690-558434[1].jpg

 三菱財閥の創業者で初代総帥。

極貧時代
 土佐の地下浪人の家に生まれ、子供の頃の生活は貧しかった。

獄中での目覚め
 若い時から賢く、21歳の時には学問で身を立てるべく江戸へ遊学。安積 艮斎のもとで学ぶ。
 しかし、父親が喧嘩により投獄。
 父の冤罪を訴えた事により、弥太郎も投獄される。
 獄中で同房の商人から算術や商法を学んだ。

坂本龍馬
 海援隊の会計を担当した時に、坂本龍馬と出会う。
 不仲が伝えられる二人だが、酒を酌み交わすなどの交流があった。
 龍馬が長崎を離れる際には多額の餞別も贈っている。

三菱商会
 維新が終わると九十九商会を設立。
 後に三菱紹介と改名し、新政府の軍需輸送を独占。
 巨大な利益を上げ、今なお続く三菱財閥へとつながる。

スリーダイヤ
 三菱のスリーダイヤのマークは土佐藩主の山内家の家紋である「三つ葉柏」と、岩崎家の家紋「三階菱」をあわせて作られた。

部下に優しい
 日本で初めてボーナスを出した人と言われている。
 三菱商会では出自を差別せず、年下や後輩に奢る事も習慣とした。


 51歳にして胃癌により亡くなる。
 医師に病名を教えてくれと懇願したが、最後まで本人に病名は告げられなかった。


posted by 偉人マニア at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

キース・ムーン

Moon.jpg

 本名はキース・ジョン・ムーン。
 イギリスのミュージシャンで、ザ・フー(The Who)のドラム。

ザ・フー加入のきっかけ
 ハイ・ナンバーズ(後のザ・フー)のライブで、ビール片手に全身黄色というファッションで現れ、俺の方がドラムを上手く叩けると挑発。
 そして、ドラムを叩いた後、ドラム・キットを破壊し大量の嘔吐物をステージに撒き散らして倒れる。
 なぜかそれがメンバーに気に入られ加入する事に。

壊し屋
 何でも破壊する事が大好きで、パフォーマンスで数々の楽器を破壊してきた。
 テレビ番組ではスタッフに賄賂を渡し、ドラムセットに大量の火薬を仕込んで爆発させた事もある。
 これにより、本人は腕を怪我し、ピート・タウンゼントは聴力障害になり、ベティ・ディヴィスは気絶。
 窓から家具を投げ捨てたり、配管に爆竹を仕掛けたり、破壊衝動は楽器だけにはおさまらない。
 自分の家だけでなく、友人の家やホテルまでも無茶苦茶に破壊している。

スティーブ・マックイーン
 一番の被害者は隣人だったスティーブ・マックイーン。
 パーティーを開けばトランポリンを使って覗かれ、出かければナチスの軍服を着て待ち伏せされ、あげくには何度も車やバイクで家に突っ込まれたあげく、高笑いを残して帰られる。
 最終的にはノイローゼになる。

運転
 アクセルとブレーキの区別がつかなかったらしく、自宅のプールにロールスロイスで突っ込んだり、リムジンでホテルのガラスを突き破り3人も轢いたりしている。
 自分の運転手も故意では無いものの、轢き殺している。

気絶
 象に使う麻酔を何故か酒に入れて飲み、気絶。
 ライブ中に倒れる事も多く、観客がドラムを担当した事もある。

金遣い
 入店拒否になったレストランを買い取って、自分を追い出したボーイをクビにした。
 絵の値段を聞いた後、そんなものかといってビリビリに破る。その絵の値段は約500万円。
 自宅から500メートルの距離にあるパブに行くのに、ヘリコプターをチャーターした事もある。

性癖
 パーティーでは必ず全裸になる。
 全裸で車のボンネットにしがみついたまま、スタジオに入ったこともある。
 また、女装をする事も多かった。
 ミック・ジャガーはパーティーでムーンの姿を見ただけで逃げ帰ったという話もある。

レッド・ツェッペリン
 レッド・ツェッペリンの名付け親という説もあるが、ジョン・エントウィッスルは「実際に考えたのは俺であり、ムーンはジミー・ペイジにアイディアを伝えただけ」と主張している。

Moon the Loon
 その常軌を逸した行動からムーン・ザ・ルーンと呼ばれていた。
 ルーンとは正気で無い人という意味。

入院が必要
 ピート・タウンゼントのアルコール中毒治療ために付き添いで病院に行くが、医者にキースの言動の方が重症と判断され入院治療を勧められる。

アルコールとドラッグ
 酒とドラッグも大好きだったが、酔った際にアルコール依存症の薬を大量摂取したため、32歳の若さで亡くなる。
 フーのメンバーは実際に葬式をするまで、またいつものイタズラだと半信半疑だったとか。

ドラマーとしての才能
 破天荒な人間だが、ドラマーとしては超一流。
 上手いというよりも誰にも真似できない個性的なドラムを叩く。
 信者も数多く、「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」では2位。
 ギブソン社の選ぶ「史上最高のロック・ドラマー×10人」では、3位。



posted by 偉人マニア at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする